「だっぴ倉敷」 実行委員会

「だっぴ」の’魅力的なゲストと若者が集まる場作り’というコンセプトに共感して集まったワカモノや社会人10人程で構成されていて、ゲストの方へのお願いやヒアリング、企画などを行っています。

スタッフ紹介

<岡野智博>

一般社団法人水辺のユニオン  専務理事

偶々、平成24年度岡山県県民文化祭の倉敷まちなかプログラムのまとめ役になり、
かいわれの会の柏原さんと知り合い、その「志」に動かされて世話役をしています。
今回これまで自分が影響を受けた方々に「だっぴ倉敷」に参加頂きました。地域を
楽しくにする新しいアクションになると確信しています。ぜひぜひ参加ください。

<柏原拓史>

岡山で熱い若者が集まる"かいわれの会"代表。そして3児の父ちゃん。気象予報士。

だっぴイベントの総合プロデュースを行いつつ、本当にやりたいことは、環境教育。いつか、岡山で当たり前すぎるくらい環境教育が行われている地域を作ることが夢。

<坂ノ上博>

倉敷の未来を担うニューリーダー。IT業界から転職し、地域協働のまちづくりをテーマとした事業を展開している

<原 健太>

何にもとらわれず、気ままに流れていく19歳。
誰か困ってる人を助ける社会ではなく、誰もが困ったときに気軽に助けを求められる社会にしたい!
それぞれ出会ったすべての人が家族になれることを夢見てます!

<赤木 佑衣> 

デンマークの「人育ち」の考えに惚れ込む社会人1年目!岡山で開催する”だっぴ50×50”の実行メンバーであり、助っ人として、当日の司会なんか頑張ります!好奇心と向上心を持って学び続けたいな^^ゆるく楽しく♪

<佐々木 敬祐>

吉備国際大学 2回生

モットーは○○。だっぴ倉敷の実行委員に参加したキッカケは、・・・・・。好きなことは・・・・。

<長山 薫>

 ご縁があってだっぴ倉敷に携わることができ、人の繋がりの大切さを実感しています。体力と声には自信あり、裏方は私にお任せください。

<藤原美月>   くらしき作陽大学○回生、・・・・・・・・・・・・

<蜜石絵梨華> くらしき作陽大学○回生、・・・・・・・・・・・・

<梶藤 将司>  倉敷芸術科学大学○回生、将来の夢はカメラマン!?

申込み

【だっぴ倉敷30×30】への参加申込みはこちらからどうぞ! 

 

申込みフォーム!